山武IT推進協会談話室

カテゴリ:趣味( 9 )

アロマな日々

協会員の小島です。

このところ、資格試験取得のための受験勉強で、すっかりメンバーには迷惑をかけてしまっています。
5月にアドバイザ、9月にインストラクターと合格して、あとは11月のセラピストの学科試験を残すのみとなりました。アロマ環境協会の資格なのですが、学科試験、結構侮れません。
久しぶりに受験勉強らしきものをやってしまいました。(^^;;
お金もかかるのでなんとか一発合格をめざして・・・。
記憶力はどんどん退化するのですが、脳は使えばよいのだというのはよくわかりました。
脳のトレーニングなるゲームが先ごろ結構流行りましたが、受験勉強と並行して、Wiiの常識力クイズをずっとやり続けていました。すると、やっぱり脳を使っていたのでしょうか。記憶力も少し戻ったような気がします。
やっぱり脳トレ・・あなどれないぞっていうところです。(笑)

さて、アロマセラピーを勉強していると、上位資格ではほとんど看護師さんやお医者さんが学ぶような内容まで出てきます。おかげでずいぶんいろんなことが理解できるようになりました。
一番ためになったのは、やっぱり解剖生理学ですね。
免疫系、消化器系、循環器系、神経系など、勉強を進めていく中で、いろんな角度で自分の身体のことを省みることができました。
もちろん精油の化学があるので、久々にベンゼン環の六角形が出てきて、なんだか懐かしい感じでした。
でもすっかり忘れてますよね、もちろん。。。。また一からやり直しな感じでした。あーあ。
もっと勉強しておけばよかった・・・と後悔しながら、日々テキストとにらめっこな日々を送っておりました。

勉強の成果を一つ・・・・・(笑)
今、インフルエンザが流行っていますね。
これも免疫力をあげることで、ウィルスの侵入をみずから防ぐことで、元気に過ごすことができます。
免疫力を上げるには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンBなどをとることも重要なのですが、
アロマセラピーで用いる精油(エッセンシャルオイル)の中に、坑ウィルス作用をもつものがあります。
精油の化学成分では、シネオールやモノテルペノールが効くといわれています。
その成分を持つ精油としては、ラベンサラ、ユーカリ・ラディアタ、ローズマリー、などがありますが、これらの精油は1種類の精油の中でこの二つの成分、シネオールとモノテルペノールの両方が含まれています。
もう一つの相乗効果の例としては、リナロールオキサイドとリナロールの組み合わせが紹介されています。
この組み合わせは、ローズウッド、真正ラベンダー、タイム、などの精油に含まれます。
また、アルデヒド類には、ウイルスに感染した人を治療するのに良い補足になると述べられています。
精油としては「ユーカリレモン」「メリッサ」「レモングラス」などが挙げられます。レモングラスは、タイ料理のトムヤムクンなどのスープに入っていますよね。あのような香りです。
これをどう使うかというと、空気中に蒸散させることにより、嗅覚から身体に入る嗅覚吸収がよいかもしれません。もちろん、空気を浄化してくれる働きもあります。
これらの精油10滴ほどを、10mlの無水エタノールによく混ぜ、40mlほどの水を加えてスプレーすると、エアーフレッシュナーとなります。無水エタノールがなければ、水でも大丈夫です。
お部屋にスプレーするだけで、芳香が広がるとともに、感染の予防につながります。
もちろん、ディフューザーなどをお持ちの方は、ディフューザーを使って、空気中に蒸散させると良いですね。
あとは、必要な栄養素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などをしっかりとること。身体を冷やさないことです。

免疫力を高めて、ウィルスに負けない身体を作りましょう!
d0125152_14334136.jpg

[PR]
by sambuit | 2009-10-28 14:33 | 趣味

梅が咲き始めました

小島です。今年初めての投稿ですね。
皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年は、自分自身のレベルアップと勉強のために、アロマセラピストの学校にゆくことにしました。なので、今年の前半は学校や試験で何かと時間を取られるため、日曜の講師ができなくなってしまいました。すみません。
資格試験が終わって、無事資格が取れましたらまた講師に復帰したいと思います。
よろしくお願いします。m(_ _)m

今年はまた自分自身に枷をかけて、資格試験に挑むわけですが、いつまでたってものんびりとできない性分なので仕方がないですね。(^^;;
セラピストを目指そうと思ったのも、父の入院がきっかけだったのと、私自身長年会社勤めをしていて苦しんだのですが、今だに相談にのってほしいと昔の会社の部下や同僚などの話を聞くたびに、ストレスに悩まされて苦しむ人々を見ていると、少しでも癒してあげることはできないのかなあと思うのですよね。
ストレスというのは、ほんとにいろんな弊害をもたらします。
夜寝られない、耳鳴りがする、被害妄想に悩まされる、極度の緊張のための肩コリや首こり・頭痛、胃や十二指腸に潰瘍ができる、いいようもない不安感に襲われる、目が疲れるなどなど・・・・。
その症状も人によっていろいろです。私は上記の症状をすべて体験しました。
いまだに肩や背中は、整体師やセラピスト泣かせというくらいの鉄板のような背中です。
私自身かなり苦しんだからこそ、同じ苦しみを持っている人たちを癒してあげたいと思うのですが、はてさて、無事修了することができますでしょうか・・・。がんばりまーす。(^-^)/

写真は、すでに正月にせっかちにも咲き始めたうちの盆栽の白梅です。
d0125152_20475636.jpg

[PR]
by sambuit | 2009-01-19 20:48 | 趣味

夏山

小島です。

暑いですね。
暦の上ではもう秋も過ぎたというのに、ムシムシ暑くて突然の雷雨や突風・・
日本の気候がどんどんおかしくなってきているような気がします。

ようやく依頼されていた夏のパソコン講座がひと段落しました。ありがとうございました。
参加してくださった先生方、ご苦労様でした。

昨年から夏の講座をやりはじめて、2年目となりましたので、教える側もずいぶん慣れてきたような気がします。
今年は私の趣味と実益を兼ねている写真の講座もあって、出てくださった方々は楽しんでいただいたようで良かったです。

今年は、久しぶりに夏山に登ってきました。白馬ですが、今日のニュースで白馬岳の大雪渓で崩落・・・うーむ、もうちょっとずれていたら大変なところだった・・・。大きな事故になっていなければ良いのですが。

夏山で撮った高山植物を載せておきます。ちょうどこの時期、山には高山植物があふれています。一眼レフと三脚を担いでの登山はかなりきついのですが、今年はちょっとがんばってみました。(^^;;

d0125152_19552555.jpg

[PR]
by sambuit | 2008-08-19 19:56 | 趣味

春仕事

周りはすっかり春ですねえ。 桜田です。

先週土曜日、埴谷の英語教室に授業中だというのに、「長光寺はどこでしょうか?」と、どこかの人が突然入ってきました。
ちょっとあせっていたようで、場所だけ聞くとお礼も言わずに出て行きました。
英語教室だったということはまったくわからなかったようでした。
(やっぱり本気で看板たてようかなあ)

引っ越してきてすぐ、ダンナが近くの山で倒れそうになっていた苗木を庭の隅に植えました。
今まで何なのかわかりませんでしたが、今年は白い花が咲いていました。
こぶしの木だったんですね。かつての苗木も今ではしっかりとした木になっていました。
二人でながめながら時間の流れを感じた春でした。

翌日ずっと放置していた雑草だらけの庭にやっと手を入れることができました。
ふと見ると、庭のあちこちに水仙の花が咲いています。
d0125152_12235074.jpg
d0125152_12245436.jpg

まだまだ肌寒い毎日ですが、一日一日春の息吹を感じながら春仕事をしています。
[PR]
by sambuit | 2008-04-02 12:42 | 趣味

春の景色

d0125152_1473880.jpg

d0125152_1481757.jpg

ここのところの暖かさで妙宣寺や長光寺のしだれ桜が咲いてきた。今日現在はまだ五分咲きくらいで、満開にはなっていないが、最高の写真を撮りたい人はコマメに通う必要がある。
[PR]
by sambuit | 2008-03-26 14:10 | 趣味

薪ストーブ


川原です。

原油の高騰の影響もあって石油ストーブを暖房器具として使っている人はこの冬の灯油代もけっこうきついものがあったことだと思う。我が家では薪ストーブを使ってることで影響はほとんどなかった。薪を自分で集めれば実質的な燃料代はほとんどただということになる。このように経済的メリットも大きい。

また環境面でも薪は木が成長の過程で大気中から取り込んだ二酸化炭素をもとに作られているので、燃やして二酸化炭素を出しても、地球温暖化への悪影響はない。化石燃料のように地底に固定されていていた炭素を地上に排出するのとは違う。そのことをカーボンニュートラルというそうだ。仮に薪として燃やさずにそこらへんに放置して腐らせても腐敗の過程で二酸化炭素を排出するので、燃やしても燃やさなくても変わらないわけだ。薪ストーブユーザーが化石燃料を使わない分、空気中への二酸化炭素排出量が削減できるということになる。

薪ストーブは暖房器具としてだけでなく、調理器具としても使うことができる。この動画のように燃焼中に天板を取り外すと直火での調理ができる。土鍋ご飯、チャーハン、野菜炒めなどのように圧倒的で強力な火力が必要な料理もらくらくできる。とろ火で焚けば上に金網を敷いて魚や肉を焼くこともできる。天板を外さずに長時間コトコトと作る煮込み料理も薪ストーブの得意分野だ。炉内でピザを焼いたり、焼き芋を作ったりと様々な料理が楽しめる。

薪を集めるのにちょっとした苦労があるが、そのこともあわせて楽しめるかどうかがポイントとなってくると思う。
[PR]
by sambuit | 2008-02-06 17:26 | 趣味

雑誌掲載

d0125152_1044287.jpg
d0125152_10444798.jpg
d0125152_1045076.jpg

「雑誌の表紙を飾って、巻頭カラーインタービュー記事に掲載されました」

なんていうお遊びを簡単に実現できるサイトを見つけました。撮影したデジカメの写真で遊んでみていはいかがでしょうか?雑誌の雰囲気に合う写真を選択するのがポイントのようです。
http://www.magmypic.com/
[PR]
by sambuit | 2008-02-06 10:46 | 趣味

デジタルカメラで遊ぼう

山武IT 小島です。
年が明けて、寒い毎日が続きますね。
もうそろそろ花粉が飛び始める時期にもなってきました。
なかなか治らない風邪から、きっと花粉症にそのまま移行してしまうのだろうなあと思いながら、少し痒みが出てきた目をこすりながら原稿を書いております。

最近はデジタルカメラを持っている人が随分増えましたね。旅行にゆくと、コンパクトデジタルカメラだけではなく、デジタル一眼レフを持って三脚をかついで歩いている方々を多く見るようになりました。かくいう私もそのひとりですが、少し時間ができると一眼レフと三脚をかついでうろうろ房総半島を歩き回ります。ちょっと遠出をするときには、予備の電池や取り換え用のレンズなどなどを持って、長時間の撮影に備えます。
そこで、撮影旅行にゆくときに持っていくものをまとめてみました。

<服装>
●防寒コート
秋や冬には必須です。夜の撮影では気温が落ちますので手袋やカイロもほしいです。ポケットがいっぱいあると、パンフレットやいろんなものをぱっと入れておけるので便利。手はカメラと三脚でふさがってしまいますものね。
●スニーカー
とにかく歩くことが前提ですから、歩きなれた靴でないと厳しいです。 それにカメラや三脚などをかついでの歩きなので、結構大変です。山歩き用のちょっとクッションのあるものなどがお薦め。
●ジーンズや足が楽に曲がるパンツ
低い姿勢で撮ったり、接写で撮ったりするときはかなりしゃがみこまないといけないですね。なので足が楽に曲がるもののほうが良いです。
●タオル
服装にはあまり関係ないですが、雨対策や、寒い時期のマフラーの代わりにも(^^;; ならないか・・・
なにかと便利です。
●靴下
長い間歩いているので、山歩き用の少し厚い目の靴下が楽かな。
●リュック
やはり両手があくのは楽です。
●ビニール袋
雨対策などに重宝します。天気が不安な場合は雨合羽なども必要って言ってました。

次に
<カメラ関係の機材>
●デジタルカメラの予備電池
撮影枚数やお持ちのデジタルカメラにもよりますが、私が以前2泊3日で撮影に行ったときはバッテリーは2日目で無くなりました。フル充電していったつもりなのに・・
こんなとき、替えの電池があるとあわてません。
●三脚
三脚は絶対必要。とくに風景写真の場合、手もちで少しでもぶれてしまうと哀しいですね。私の三脚は安いものなので、少々ぐらつきがあったのですが、プロはちょっとのぐらつきも心配するくらい、やはりブレは厳禁!! 軽くてがっしりしたタイプがいいみたいだけど、高いです~。(泣) カーボンタイプが良いかも。
●ストレージビューワー
これは便利です。私は撮影旅行のときに1GBのCFカードしか持って行かなかったので、Fineモードで撮ると290枚くらいしか撮れません。なので戻ったら必ずビューワーに吸い上げて、カードの中身を空にしておきました。ビューワーで写真も確認できますから便利ですよ。

さあ、準備ができたらカメラを持って、歩いてみませんか?
近くを撮るのなら、上記のような準備は必要ありませんが、カメラと三脚を持って夕日を撮ってみたり一歩外に出れば写真の題材はいっぱいあります。
写真ライフを楽しみましょう!
d0125152_2034616.jpg

[PR]
by sambuit | 2008-01-21 20:35 | 趣味

サーキット走行

山武IT推進協会の川原です。

このブログを通して普段のパソコン講習会では見られない協会のスタッフの姿に触れて身近に感じていただいたり、意外な事実を知っていただいたりできたらと思っています。

私のパソコン以外の趣味の一つに車の運転があります。一般道をゆっくりとドライブするのも楽しいのですが、安全の確保されたサーキットで自動車の運動性能の限界ギリギリの領域を全開で走らせるのが面白いです。

15年前に山武町に引っ越してきた時に町内にナリタモーターランドというミニサーキットがあることを知ってとてもうれしかった記憶があります。自宅から数分の場所で走れるなんて何て恵まれているのかと思いました。それから色んなクラブでの走行会に機会を見て参加していました。

初めて走った時は一周で50秒を切るのが難しかったですが、練習の甲斐もあって現在ではこのサイトでの公認レコードの15位にランキングされています。ホンダのビートという非力な軽自動車ですが、ハイパワー四駆やスポーツカーに負けないタイムで走ることができるようになりました。富士スピードウェイやツインリンク茂木などでの耐久レースにも出場したこともありますが、これも地元のナリタモーターランドで学んだ経験が生きています。


※下の写真は筆者の愛車でナリタモーターランドを走行中のものです。
d0125152_17252113.jpg

[PR]
by sambuit | 2007-09-16 17:25 | 趣味